泉谷しげるの主な作品 印刷用(PDF)

泉谷しげるプロフィール

1948年5月11日 青森県長島に生まれる。3才で上京、東京都目黒区青葉台で育つ。
1971年 エレックレコードより『泉谷しげる登場』でデビュー。
1975年6月 吉田拓郎、小室等、井上陽水とフォーライフレコードを設立。
1976年7月 L.A.のクラブ「トルバドール」にて単独ライブを開催、観客を熱狂させる。
1978年10月 ワーナーパイオニアの洋楽レーベル、アサイラムに移籍。
『'80のバラッド』を発表し、絶大な評価を受ける。
1979年6月 テレビ朝日系ドラマ『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』に主演、テレビ大賞及び芸術祭優秀賞を受賞し、役者としても注目を浴びる。
1980年 松竹映画今村昌平監督作品『ええじゃないか』に出演。また『狂い咲きサンダーロード』では、美術・音楽を担当。ブルーリボン美術デザイン賞を受賞。
1982年5月 レコード会社をポリドールに移籍。
1983年2月 TBS系テレビドラマ『金曜日の妻たち』に出演。さらに知名度を広げる。
1986年6月 自ら監督・美術を手掛けたビデオ作品『デス・パウダー』を発表。
1988年1月 ビクター・レコードに移籍後、第1弾として『吠えるバラッド』を発表。
1988年12月 自ら監督・出演したオリジナル・ビデオ『ネイビー・ロックウォー・撃破せよ』を発表。
海上自衛隊の全面協力を得た特撮シーンが話題を呼ぶ。
1991年 デビュー20周年を迎える。
1993年4月〜6月 TBS系テレビドラマ『谷口六三商店』に72才の"頑固ジジイ"役で出演。
1993年8月〜 北海道・奥尻島救済キャンペーン「一人フォーク・ゲリラ」と題した路上チャリティーライブを、東京23区内で展開。
集まった募金はもとより、シングル盤『なぜ、こんな時代に』の印税も全額、奥尻島に寄付する。
1994年1月13日 長崎・普賢岳噴火災害救済チャリティーコンサート「メッセージソングの日」を開催。
同年8/16には日本武道館、10/28には島原市文化会館にて、「日本をすくえ'94」を各々開催。
1994年7月 スタジオジブリ制作の映画『平成狸合戦ぽんぽこ』で声優に挑戦。
1995年1月17日〜 阪神・淡路大震災救済のため、新宿駅東口を皮切りに、再び街頭フォークゲリラを決行。
集まった募金はもとより、シングル盤『It's gonna be Alright』の印税も全額寄付する。
1996年2月 阪本順治監督作品『ビリケン』に出演。
1996年8月26日 今までのキャリアの集大成ビデオ・『泉谷しげる大全集 全身全霊』発売。
1996年10月〜 日本テレビ系バラエティー番組『香取慎吾のアジアのMIKATA』にレギュラー出演。
1996年12月 東映Vシネマ・高橋伴明監督作品『らくがき愚連隊』に出演。
1997年2月24日 仲井戸麗市との競演ライブ・『〜対決〜復讐するは我にあり』を渋谷公会堂にて開催。
1997年4月〜 フジテレビ系バラエティー番組『Daiba・ba』にレギュラー出演。
1997年7月 日活映画・北村龍平監督作品『ヒート・アフター・ダーク』に出演。
1998年7月15日 レコード会社を再びポリドールに移籍後、第1弾として『私には夢がある』を発売。
1998年8月10日 "画家"としての作品集『泉谷しげるが作品・IMPACT』を発売。
その後、渋谷PARCO、軽井沢トリックアート美術館、福岡夢美術館、神戸西神ニュータウンプレンティにて『泉谷しげるアート展』を開催。
1999年1月30日 ファンクラブのみのスペシャルライブをもって、1年以上にも及ぶライブツアー『泉谷しげる展』が終了。
2000年2月 アフリカ(ケニア・ナイロビ)にてライブを行う。
2000年4月〜9月 テレビ朝日系『週刊ワイドコロシアム』にレギュラー出演。事件現場に泉谷自らが出向き、取材する「泉谷が行く」のコーナーが大好評となる。
2000年12月31日 長崎・島原城カウントダウンライブに出演。
2001年1月18日 テレビ朝日系『週刊ワイドコロシアム』で取材した事件を元に執筆した「とぎすまされた六感」を発売。
2001年9月1日 デビュー30周年を迎え、自らのレーベル『iZ』(イズ)を立ち上げ、第1弾として『起死回生』を発表。
2002年6月15日 渋谷AXにて『狂い咲き!31周年記念ライブ』を開催。レーベル第2弾『R-15』を発表。また“盟友”忌野清志郎と共に『スパイスマーケット』を結成し、フジロックフェスティバルなどに参加。
2003年 フジテレビ系ドラマ『Dr.コトー診療所』に出演し、再び役者としても注目される。
2004年 ガガガSPのコザック前田と『生活/永遠のウソつき』を発表。また東宝映画『ドラえもん、のび太のワンニャン時空伝』で声優に挑戦。
北海道テレビ制作(98年タジキスタンで凶弾に倒れた国際政治学者・秋野豊氏の)ドキュメント番組『青いツバメ』や東宝映画『GODZILLA-FINAL WARS』(北村龍平監督)に出演。
フジテレビ系ドラマ『愛し君へ』、『Dr.コトー診療所2004』、『めだか』に出演。
2005年 日本テレビのシナリオ登竜門『目の鱗、ぽろり』(脚本/北村尚子)に主演。
フジテレビ系ドラマ『エンジン』や日本テレビ系ドラマ『女王の教室』、TBS系ドラマ『恋の時間』などに出演。
2006年 映画『バルトの楽園』(出目昌伸監督)に出演。またテレビではTBS系ドラマ『クロサギ』や、前作が好評を博したフジテレビ系ドラマ『Dr.コトー診療所2006』に出演。
2007年 映画『キャプテントキオ』(渡辺一志監督)に出演し、またアメリカ3Dアニメ映画『モンスターハウス』の吹き替えにも挑戦。
フジテレビ系『東京タワー〜オカンとボクと、時々、オトン』、テレビ朝日系『女帝』に出演。
音楽の分野ではフジテレビ系アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマを担当し、さらにデビュー35周年を記念した10枚組BOX CD『黒いカバン』を発売。
2008年1月〜 TBS『R-ゼロ』、CS朝日『泉谷しげると翼なき野郎ども』音楽番組を同時にスタートさせる。
2008年5月11日 60歳還暦を迎えSHIBUYA-DUO MUSIC EXCHANGEで還暦記念ライブを開催。
同日、通販・ライヴ会場限定販売シングル「すべて時代のせいにして」(アルバムと同名)を発売。
2008年5月〜 「土地土地の歴史と向かい合い、歌の季節を求める旅〜オレの歌は君の季節になれるか?〜」をコンセプトに、ライヴ・ツアー『ロードオフライブ』を実施。
2008年9月20日 7年振り、ポニーキャニオン移籍第一弾となるオリジナルニューアルバム「すべて時代のせいにして」を発売。
2008年10月4日 「60×60泉谷しげる展覧会」と銘打ち60曲のオールナイトライヴを開催。
2009年1月 フジテレビ系ドラマ「VOICE」に出演。
2009年4月2日 インターネット放送局「泉谷しげるのコラコラ放送局」がスタート。
2009年4月〜6月 日本テレビ系ドラマ「ザ・クイズショウ」に出演。
2009年5月10日 恵比寿ザ・ガーデンホールにて「生まれ落ちた者たちへの生誕祭」と題したライブを開催。
2009年6月〜 アメブロにて「泉谷しげるオフィシャルブログ・兎猫豚(うびょうとん)のみらい日記」をスタート。
2009年7月〜 泉谷しげる自らが描いた『うびょうとん』などのキャラクターをモチーフにした、グッズを販売するネットショップ「うびょ〜とんのコラコラショップ」をスタート。
2009年7月〜9月 『FUJI ROCK FESYIVAL '09』(新潟)を皮切りに、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2009』(茨城)、『NTT DOCOMO presents MONSTER baSH 2009』(香川)、『17th Sunset Live 2009 Love & Unity』(福岡)、『杜のフェスティバル2009』(広島)など、各地で開催された夏フェスに出演。
泉谷しげるの主な作品
アルバム 『春夏秋冬』・『家族』・『'80のバラッド』・『90's BALLAD』・『IZUMIYA SELF-COVERS』・『自画自賛』・『私には夢がある』・『IRA』・『起死回生』・『すべて時代のせいにして』など
ドラマ 『戦後最大の誘拐・吉展ちゃん事件』(ANB)・『金曜日の妻たちへ』(TBS)・『谷口六三商店』(TBS)・『ひまわり』(NHK)・『ケイゾク』(TBS)・『Dr.コトー診療所』(CX)・『愛し君へ』(CX)・『エンジン』(CX)・『目の鱗、ぽろり(シナリオ登竜門)』(NTV)・『女王の教室』(NTV)・『ハチミツとクローバー』(CX)『VOICE』(CX)など
映画 『ええじゃないか』(松竹)・『ビリケン』(シネカノン)・『ケイゾク』(東宝)・『白痴』(白痴製作実行委員会)・『ヒート・アフター・ダーク』(日活)・『GODZILLA-FINAL WARS』(東宝)・『天使』(SEP)・『キャプテントキオ』・『モンスターハウス(注・アフレコ出演)』・『旅立ち〜足寄より』など
ビデオ・DVD 『デス・パウダー』・『ネイビー・ロック・ウォー撃破せよ』・『らくがき愚連隊』(東映Vシネマ)・『HOWLING LIVE』・『日本を救え!!』・『泉谷しげる大全集・全身全霊』・『ロードオブライブ with 泉谷しげる』・『泉谷展覧会 60×60』など
書籍 『わが奔走』・『泉谷しげるの治外法権』・『IMPACT』・『イズミヤサウルスの逆襲 恐竜と呼ぶな!大センパイと呼べ!』・『ひとりフォークゲリラお前ら募金しろ!』・『とぎすまされた六感』など
CM 『第一生命』・『横浜ゴム』・『アサヒビール/J.O.』・『旭化成/WARU』・『日清食品/どん兵衛』・『興和新薬/フィニッシュコーワ』・『インクリメントP/MapFan』・『大塚製薬/オロナミンC』・『総務省/不法電波』・『厚生労働省/児童虐待』・『東日本ハウス/宿泊体験』・『ニューギン/泉谷しげるの座頭市物語』・『松下電器産業/VIERA(インターネットCM)』・『プラト/弾いて歌えるDSギター“M-06”』など

Copyright(C) 2001-2017 WAGASHA Co., Ltd. All Rights Reserved.